緑内障の失明率

緑内障の怖いところは失明する可能性があることです。
症状が悪化すると次第に視野が狭くなっていき、最終的に失明するかもしれません。

緑内障の失明率はいったいどのくらいなのでしょうか?

年齢によって異なりますが、40歳以上の方だと5パーセントだといわれています。
70歳以上になるとその倍の10パーセントにアップします。


この数字は十分高いので、仮に自分が緑内障になった場合、
失明する危険があるかもしれません。

日本人の失明原因で多いのが緑内障なので、
緑内障だと診断された場合は適切な治療が必要です。


放置してしまうと10年や20年で失明する可能性が高いです。

その間に視野もどんどん狭くなるので、
日常生活に大きな支障をきたすこともあるでしょう。

なにか最近目の調子がおかしいと感じるのであれば、
すぐにでも検査を受けてください。

緑内障は『目の成人病』と言われるくらい
誰もがかかりうる病気です。

自分の目は自分で護る!
⇒ 緑内障改善エクササイズ


電気自動車情報