変形性膝関節症の対応策

膝の痛みは、様々な調査データを見る限り、
全国で約2500万人の方々が悩まれています。

全国の20歳以上の男女18,300人に調査したあるデータによりますと、
慢性的に体で痛む部位はありますか?という問いに、
全体の38%が膝の痛みを感じると回答しました。

1位:腰 58.6%
2位:肩 38.7%
3位:膝 37.9%
4位:頭 29.7%

腰、肩に続いて第3位という様な回答結果が得られたそうです。

ここ数年、膝の痛みに悩む人が急増している背景の1つに
姿勢の悪化や運動不足な方が、多くなっていることが挙げられます。

特にこれまでの高齢の方だけでなく、中高年層にまで拡がっているのが特徴です。

5年前に痛みを感じた時は、仕事を休むほどではないと思い、
特に処置するわけでもなく過ごしていました。

そのまま悪化してしまい、ついに病院へ、ヒアルロン酸注射をしてもらいました。

関節軟骨には血管が通っていないため、一度減った部分が再生することはありません。

膝の痛みを放置したり、根本的な改善を図らないと無意識のうちに膝をかばうため、
他の部位にも痛みが拡大する事が多いようです。

メカニズムとしては、膝の痛みを避けるため姿勢がさらに悪い状態で体を使ったり、
今まであまり使ってこなかった部位を酷使する等で
脊椎や頚椎の歪みを悪化させると考えられています。

膝の痛みが長期化すると、様々な場所に痛みが拡がります。

膝に腫れや痛みを抱えている人は、長年の運動不足が引き起こす
下半身を中心とした筋力が低下しています。

さらに生活習慣上の体の使い方による骨盤の歪みを同時に発生させています。

これらを同時にアプローチしないと膝に関する様々な問題は解決しません。

★変形性膝関節症の対応策を探している人必見
整体やサプリメントでしのぐしかない・・・というのは誤解です。
興味のある方はこちら

電気自動車情報