ルテイン

ルテインは、600種以上知られているカロテノイドのうちの一つです。
水晶体にも存在し、緑内障・白内障のリスク軽減にも貢献しています。
体内では酸化防止剤として作用し、青色光を吸収します。

ルテインは、目の健康補助食品・サプリメントとして注目されています。

目は私たちの身体の中でも、特に活性酸素の害を受けやすいところです。
眼はまぶたを開いているとき、必ず色々な光が入ってきます。
この光の中の青色光と紫外線が、活性酸素を発生させる原因となっています。

つまり、眼は常に活性酸素の害にさらされているわけですが、
ルテインは強力な抗酸化剤として、眼をこの害から守っているのです。

ルテインは強い抗酸化作用を持つカロテノイドの一種で、
ほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれる成分です。

人間の体内器官や皮膚にも存在し、
乳房や子宮頚部に多く存在することが知られています。

特に眼の水晶体と黄斑部に存在する主要なカロテノイドは
ルテインとゼアキサンチンであるため、
これらの部位が正常に機能するために重要な働きを果たしています。

ルテインは、光そのものを遮る役割があります。

また、光の一部が細胞に達してしまい、
細胞が光による酸化ダメージを受ける危険性が生じた場合でも、
抗酸化作用によってこれを防止します。

ルテインは遮光および抗酸化によって、「光防御における二重ブロック」を行っています。

しかし、ルテインの光防御はこれだけにとどまりません。
ルテインは青い光を吸収するという性質を持っています。

人に対して害を与える光線としては、紫外線が有名ですが、
青い光は、光線の中で最も高いエネルギーを持つもので、
細胞に与えるダメージも強力です。

紫外線は太陽から照射されますが、青い光は、人工の光に多く含まれています。

蛍光灯、テレビ、パソコン、ゲーム・・・に囲まれて生活を送っている現代人は、
日常的に高エネルギーの青い光にさらされていることになります。

特に眼は、外界に対してむきだしの臓器ですから、
青い光からのダメージを直接受けることになります。

外界からの光を受けとめるレンズの働きをしている水晶体、
その真後ろ、網膜の中心部に位置する黄斑部は、
視覚機能にとってきわめて重要な役割を果たしています。

これら部分にはカロテノイドのうち、ルテイン ・ゼアキサンチンしか存在していません。

ルテイン・ゼアキサンチンが、
光による酸化ダメージから水晶体と黄斑部を守っているのです。

緑内障は『目の成人病』と言われるくらい
誰もがかかりうる病気です。

自分の目は自分で護る!
⇒ 緑内障改善エクササイズ


電気自動車情報