緑内障の症状

緑内障は失明する可能性がある恐ろしい病気です。
日本での失明原因のトップが緑内障だといわれています。

40歳以上になると緑内障患者が多くなるので、
中高年の方は気をつけないといけません。

では、緑内障とはどのような病気なのでしょうか?

緑内障とは眼圧によって視神経が傷ついてしまい、
目で見た情報を上手く認識できなくなる病気です。

視野が狭くなったり、視野が欠損したり、
視力が低下するというのが代表的な症状です。


しかし、このような症状に気づかないことも多いため、
自覚症状がないまま病気が進行する場合もあります。

急激に視野が狭くなる訳ではなく、少しずつ狭くなっていきます。

症状が悪化してしまうと治療が難しくなるので、
早期発見・早期治療が大切です。

さらに眼の異常だけではなく、
頭痛や吐き気といった症状が現れる場合もあります。

緑内障は『目の成人病』と言われるくらい
誰もがかかりうる病気です。

そんなあなたのお悩みを解決する
改善率90%以上の緑内障改善エクササイズ。


電気自動車情報