緑内障の原因

緑内障の原因は眼圧と大きく関係しています。

血流障害がおこることによって、
目の周囲の眼筋、網膜、視神経が弱くなり、

房水のバランスが崩れて眼圧が上昇し、
視神経を傷つけ視野が狭くなっていくからです。

視神経が圧迫されると、そこで障害が起こり、視野に異常をきたすという訳です。

(房水は、眼球を充たす体液のことで、
眼圧を保つと共に角膜・水晶体の栄養補給の役目を果たしています。)

pics230

しかし、眼圧が高くなる理由が分からないケースが多いといわれています。

そして、次のような方は緑内障になりやすいので注意が必要です。

・親族に緑内障患者がいる
・近視
・冷え性
・低血圧


親族に緑内障患者がいる場合、発症する可能性が高くなります。
また、近視の度合いが酷ければ酷いほど緑内障になる可能性は高くなります。

冷え性や低血圧は視神経に悪影響を与えてしまうので、
緑内障の原因になりかねません。

自覚症状に乏しい病気ということもあって、症状が悪化してから気づくことが多く、
症状が悪化してからだと治療が難しくなります。

視野が狭くなってきた場合、単なる疲れではないかもしれないので、
念のために医師に相談された方がいいでしょう。

緑内障は『目の成人病』と言われるくらい
誰もがかかりうる病気です。

自分の目を自分でまもるには⇒ 緑内障改善エクササイズ



電気自動車情報