緑内障の予備軍

「最近、目の奥が重い感じがする」
「目が疲れやすくなった」

そんな症状はありませんか?

もしかしてその目の症状は、『緑内障予備軍』なのかも知れません!

緑内障とは“目の成人病”と呼ばれ、比較的中高年に発症することの多い病気でした。

現在は40歳以上の約17人に1人が緑内障だと言われていますが、
自覚症状がほとんど無い事から、実際はもっと多いのかもしれません。

更に深刻なのは、緑内障の低年齢化です。

最近では、パソコンなどによる目の酷使や、
ステロイド剤の使用により、10代や20代の若い方の眼圧が高くなり、
緑内障予備軍と診断されるケースが多くなっています。

緑内障は、視神経の形に異常をきたし、
視野障害が起こる病気で、ゆっくりと
症状が悪化していき、放置して治る病気ではありません。

医師からは、「緑内障はほとんどの方が点眼薬で一生コントロール出来ます」
と言われるようですが…

残念ながら、日本の失明原因の第1位が緑内障による失明です。

「失明したくない!」その一心できちんとした治療を受けていても、
「眼圧が下がらない」と、悩んでいる方は非常に多いです。

「医師の勧めで手術を行ったが、たった数年で眼圧が手術前に戻ってしまった」
といったお話もよく聞きます。

一度欠けてしまった視野は、現代医学では元に戻すことが出来ません。

早期発見、早期治療により、眼圧を下げ、
緑内障の進行を防ぐ以外に、視力を守る方法はありません。


あなたの大切な目をしっかりと護って下さい。

⇒【緑内障改善!自宅で出来る~今野式緑内障改善エクササイズ】



電気自動車情報