隠れ肥満って?

見た目は全然太っていなくて体重も正常な値なのに、
体内の脂肪組織の割合が多い状態のことを「隠れ肥満」と言います。

隠れ肥満は本人に自覚がないことが特徴で、
体重に変化が無いにも関わらず、ウエストのサイズがアップしたりします。

肥満指数を表すBMIという言葉を聞いたことあると思います。
BMI値が25以上であると一般的に肥満と言われているのですが、
かくれ肥満の場合はこのBMI値が25以下であることが多くあります。

隠れ肥満になりやすいタイプとしては、
デスクワークが中心の日常的に運動を行っていない中年男性があげられるでしょう。

また、食事制限だけで運動を行わないようなダイエットをして、
リバウンドを繰り返してしまっているような女性にも、隠れ肥満が多いと言われています。

以前よりも少し疲れやすくなったなぁ・・・
運動不足かもしれないなぁ・・・
などなど、心当たりのある方いらっしゃいませんか?

アルコールの摂取量が増えた方や間食や食事の時間が不規則な方も、注意が必要かもしれません。

隠れ肥満の場合、内臓の周辺に脂肪がついてしまっていることが多いので、
知らずのうちに糖尿病や高血圧などの生活習慣病にかかってしまっていることもあるのです。

誰でも中年太りが、気になりだすくらいの年齢になると
自然に筋肉や骨の量は減少し、基礎代謝が下がって、脂肪が増えて
お腹が出やすくなってきます。

そこでダイエットのやり方を間違えてしまうと、
健康的な体になりたいからダイエットしたはずが、

しまりのない、やつれた老化した体を手に入れるという
取り返しのつかないことになってしまいます。

中年太りを解消するためのダイエットは絶対に的をはずしてはいけないのです。

⇒ これなら出来る!中年太りダイエット


電気自動車情報