変形性膝関節症は女性に多い!

変形性膝関節症は、立ち上がる時、歩き始めるとき、膝に体重がかかりやすい時に痛みが出てきます。

これが 進むと、階段昇降、正座をしたとき、にも痛みが出てきますが、
この状態まではしばらくじっとして安静にしていると痛みがなくなります。

しかし、このまま放っておくと安静にしていても痛みが続くようになります。

50歳代以上の男女、特に女性に多く、40歳代から徐々に増え始めます。

60歳代の女性の約40%、70歳代の女性の約70%が
この病気にかかっていると言われています。

p01_pict01
   古賀 良夫 編集. 変形性膝関節症-病態と保存療法. 2008

初期で軽い症状の場合、内服薬や湿布などを使います。

また、ヒアルロン酸の注射をすることもありますが、体重を減らすこと、
膝にかかる負担を極力制限することが大切です。

<原因>

加齢
膝に負担がかかる期間が長くなると、「変形性膝関節症」を発症しやすくなります。
また、関節の中にあって軟骨に栄養を供給しているヒアルロン酸が加齢に伴い減少することで、軟骨が傷つきやすくなると言われています。

太りすぎ
人が歩くときには、体重の約3.1倍の負荷が膝にかかります。
例えば、体重が60kgの人では約180kgの負担が膝にかかっていることになります。
体重が重いほど膝に負担がかかりやすく、軟骨や半月板が傷つき発症しやすくなります。

姿勢
猫背など歩く姿勢が悪い場合には、普通の姿勢で歩くときよりさらに膝への負担が大きくなり、発症しやすくなります。
また、日本人に多いO脚は膝の内側に体重がかかることが多くなり、内側の軟骨が傷つき痛みを発症することがあります。

運動不足
運動不足で脚の筋肉が衰えてくると膝に大きな負担がかかってしまい、膝の関節でクッションの役割をしている軟骨が傷つき、膝を動かしたときの衝撃が吸収できにくくなって痛みを生じます。

性別
女性に多く発症することが分かっています。
理由は明らかになっていませんが、閉経などホルモンのバランスも影響していると考えられています。

★慢性化した膝の痛みを解消する方法★
 痛みに一喜一憂しない、エネルギッシュな人生を送りませんか?



電気自動車情報