肥満細胞って何?

肥満細胞とは、免疫システムの重要な部分を構成する細胞組織の一つと言われています。

肥満細胞とは、かゆみやくしゃみ、鼻水などの
アレルギー反応を引き起こすヒスタミンなどの物質が詰まった細胞のことを言うのです。

肥満細胞と名前だけ聞くと、肥満と関わっているのかなと思いがちですが、
外部から体内に侵入してきた細菌から体を守る働きをするもので、肥満の原因では有りません。

この細胞の働きのおかげで、病気にかかることなく生活が出来ている
と言っても過言ではありません。

ただ、一見、細菌から体を守る重要な働きをしているかのように見えますが、
この肥満細胞は体内に蓄積されていきます。

肥満細胞が皮膚や体のあちこちに過剰に増えて蓄積され、
肥満細胞が刺激反応を起こしてしまうことで、
かゆみや皮膚の盛り上がりを作り出してしまうことがあります。

これを肥満細胞症と呼んでいます。

肥満細胞症とは、別名「顆粒細胞(マスト細胞)」とも呼ばれていて、
全身型と局地型とに分かれていますが、
乳幼児が発症する場合はそのほとんどが局地型だと言われています。

成長するにつれて自然消滅するケースがほとんどですが、
成長しても症状が改善されない場合には、治療が必要となります。

全身型の場合には、広範囲に渡って痒みと発赤が発生し、
重症化するとアナフィラキシー様反応を引き起こす傾向もあるので、注意が必要です。

肥満細胞症の発症の原因は、マスト細胞とも呼ばれている肥満細胞が、
皮膚や体の様々な部分で異常に増加し、蓄積する事によります。

蓄積された肥満細胞は、アレルギーの原因にもなるヒスタミンを過剰に生成し、
かゆみや皮膚の盛り上がり等を引き起こす原因となるのです。

じんましんによく似ているのですが、じんましんと違って、
毎回決まった箇所でかゆみや皮膚の盛り上がりが見られるのが、
この病気の特徴だと言われています。

肥満細胞が蓄積される場所は、皮膚だけでなく様々な箇所に蓄積され、
胃や腸など消化器官やリンパ腺や骨、肝臓やすい臓など、内臓系にも蓄積されます。

この病気は幼児期に発症する病気と言われていますが、
大人になってから発症することもあるので注意して下さい。

軽症の場合は、自然治癒することがほとんどですが、あまりにもかゆみがひどかったりする場合は、
ヒスタミン剤を服用したり、皮膚にステロイドクリームを塗って治療することもあります。

⇒ これなら出来る!中年太りダイエット


電気自動車情報