体幹を鍛える

体幹とは体の背骨の周りを中心とした筋肉群ですが、
ここを鍛えることには重要な意味があります。

体幹は、 臀筋(お尻の筋肉)、広背筋(背中の筋肉)、腹筋(お腹の筋肉)を
バランスよく締めてトレーニングすることが重要です。

体幹には肺、心臓、胃腸など体の重要な臓器のほとんどが密集しています。
それらの臓器は正しい位置にないと正常な働きをすることができません。

背骨が曲がっていたり、骨盤が歪んでしまっていては、
臓器による様々な問題が発生してしまいます。

そこで体幹を鍛えれば、臓器が正しい位置に留まり、正常な働きをしてくれます。

脳トレが大事!

筋肉は「意識」することを繰り返すと、それを無意識ではなく、
顕在意識で認識できるようになります。

最初から鍛えたい部位を意識することは難しいですが、
「タッピング」によって意識することができるようになります。

手で意識したい部位を軽く叩いてあげるだけです。

頭がその部位を意識するためには、軽い刺激を与えることが有効である
ということが運動生理学で証明されています。

この人間の特性を利用して、トレーニングする時に、
どこの筋肉が動いているか、 どこの筋肉をトレーニングしているか意識すればよいのです。

脳が活性化するためには、「意識して運動を行う」ことで、
新しい細胞が生み出されるだけでなく、神経ネットワークがより強固になります。

人は心と体でできており、それを切り離すことはできません。

それなのに仕事で頭を使うことばかりに気を取られ、体力が衰えたがために、
心のバランスを崩してしまう人はとても多いものです。

逆に心が意識できて、落ち着いていると体も比例してきます。

トレーニングする部位を「意識」すると、これによって、体本来の機能を引き出すことができれば、
機能も当然のようにアップします。 すると続けることが難しくなくなるのです。

中身(インナー)が変われば外見も変わるんです。
そして中身(インナー)を変えることはそんなに大変なことではありません。

週30分のトレーニングがあなたの体を変えていくのを実感
⇒ 基礎代謝が向上して、メタボを解消


電気自動車情報