加齢によって起こる聴力の低下 老人性難聴

人間の聴器の老化は20~30歳代から始まると言われていますが、
加齢によって起こる聴力の低下を「老人性難聴」と言います。

老人性と言う名前から、お年寄りに起こる難聴だと思われている方も多いようですが、
早い人では20代から発症するとも言われている病気です。

症状としては、初期段階では「ピー」という電子音など、
高い音から聞き取り難くなりますが、この時にはまだ自覚症状はありません。

その後、気付かないうちに症状は進行していき、
自分で自覚出来るようになるのは通常の音量の会話が聞き取り難くなってからでしょう。

次いで、低い音も聞き取り難くなっていきます。

このような症状が左右の耳に同時に起こるのも老人性難聴の特徴であり、
その際、めまいや耳鳴りを伴う場合もあります。

原因は、加齢に伴う聴覚中枢、感覚細胞などの老化ですが、
若い頃から日常的に一定以上の大きな音を聞いていると、聴覚にも悪影響が出てきます。

また、高血圧や糖尿病と言った生活習慣病を患っていると、
内耳の血流が悪くなり、聴覚の老化が早まると言われています。

出来るだけ騒音を避けたり、生活習慣病の改善を図ったりして、
聴覚の老化を防ぐ事が大切です。

老人性難聴の治療には、
ビタミン剤やホルモン剤、血流改善剤などが用いられます。

ただ、主に感覚細胞が変性したり、消失したりする事で起こっている為に、
薬物治療による効果はあまり期待出来ません。

補聴器を利用する事が、現実的な対処方法のひとつです。

正しい知識さえ持っていれば、
お子さんでも、お年寄りでも、難聴を回復出来ます。

⇒ 自宅で出来る今野式難聴回復法


電気自動車情報