聴力を回復するには?

聴力を回復するには、主に次の3つが行われることが多いです。

・薬物療法
・手術
・心のケア


まず、難聴になった場合は薬物療法から始まります。


難聴になった場合に処方される薬は、以下のようなものです。

・ビタミン剤
・イソバイド
・副腎皮質ホルモン剤


ビタミン剤は、老人性難聴や突発性難聴といった症状の時に処方されることが多いです。
神経組織などを活発にする働きがあります。

イソバイドは、低音障害型感音難聴に処方されることが多い治療薬です。
内リンパ水腫を改善させる効果が高いという特徴がありますが、
頭痛や睡眠障害などの副作用もあります。

副腎皮質ホルモン剤は、内耳の炎症や内耳組織に障害がある場合に処方されることが多いでしょう。
主に突発性難聴の時に使用されますが、感染症のリスクが高まってしまうという副作用があります。

また、糖尿病や骨粗しょう症といった病気を発症させてしまう可能性もあるので、
慎重に使用する必要がある薬です。

薬を服用すれば必ず治ると思っている人もいるかもしれませんが、
難聴の場合、根本的な治療にはならず、症状を改善したり、
症状の進行を遅らせるだけになってまうことも少なくありません。

難聴を発症してしまったら、薬で完治するのは極めて難しいといえます。
薬の副作用を十分に理解した上で薬を飲むようにしてください。

難聴の症状が酷い場合は、手術を行うケースもあります。
ただ、絶対に治るという訳ではなく、手術を行っても聴力が回復しないこともあります。

ストレス性の難聴の場合、そのストレスを解消する必要があります。

難聴の原因がストレスだと耳鼻科で十分な治療を行っても治らないことがあるため、
心療内科などに通うケースも少なくありません。

難聴を回復するためには手術か補聴器が必要、または、あきらめるというのが一般的です。

「難聴を回復出来るのは、結局、補聴器しかないのですよね・・・?」
という声が聞こえてきそうですが、心配はいりません。

正しい知識さえ持っていれば、お子さんでも、お年寄りでも、難聴を回復出来るのです。

⇒ 自宅で出来る今野式難聴回復法


電気自動車情報