難聴の兆候

最近人の話が聞き取りにくいと感じていませんか、大丈夫ですか。
急に聞き取りにくくなるのではなく、徐々に進行しているかもしれません。

難聴の兆候はどのようなものなのでしょうか?

・高い音が聞こえづらい
・言葉の聞き分けが難しい
・音の選別ができない
・早口だと聞き取りづらい
・聞き間違いが増える


まず、難聴になると、高い音が聞こえづらくなります。
特に高齢者の方は、この症状が多く見られます。

また、言葉の聞き分けが上手にできません。
相手が何を言っているのか分からないので、聞き返すことが増えるでしょう。

通常、人間の耳は聞きたい音だけを選別することができるのですが、
難聴になるとそれができなくなることが多いです。

そのため、雑音がたくさんあると会話しづらいと感じます。
相手のしゃべるスピードが早いと聞き取りづらくなるというのも、難聴の兆候です。
早口の相手だと、何を言っているのか全く理解できません。

そして、聞き間違いも増えます。

サトウさんをカトウさんと聞き間違えたり、
白いを広いと聞き間違えるようなことが増えてしまうのも難聴の兆候なのです。

一般的に、難聴になった場合には、こういった兆候が現われます。

「聴力を回復出来るのは、結局、補聴器しかないのですよね・・・?」
という声が聞こえてきそうですが、心配はいりません。

正しい知識さえ持っていれば、お子さんでも、お年寄りでも、聴力を回復出来るのです。

⇒ 自宅で出来る今野式難聴回復法


電気自動車情報