腰から足にかけてしびれる坐骨神経痛

坐骨神経痛とは、腰から足にかけて伸びている「坐骨神経」がさまざまな原因によって圧迫・刺激されることであらわれる、痛みやしびれなどの症状のことを指します。

坐骨神経痛

多くの場合、腰痛に引き続いて発症し、次にお尻や太ももの後ろ、すね、足先などに痛みやしびれがあらわれるだけでなく、麻痺や痛みによる歩行障害を伴うこともあります。

年齢が若い場合は、腰椎椎間板ヘルニアが多く、高齢になると、ほとんどが腰部脊柱管狭窄を原因として発症します。


腰部脊柱管狭窄

腰部脊柱管狭窄

背骨(脊椎)は、身体を支える役割とともに、脳から背骨に沿って延びてきた神経(脊髄)を守る役割も担っています。

この神経が走っている背骨の隙間のことを「脊柱管」といいます。

腰部脊柱管狭窄、腰椎椎間板ヘルニアとも腰椎(背骨の腰の部分)に起こる異常によって坐骨神経が圧迫され、下半身に痛みやしびれを引き起こします。

腰部脊柱管狭窄(ようぶ せきちゅうかん きょうさく)とは、文字通り、腰のあたりにある脊柱管が狭くなって神経が圧迫された状態のことで、50代を超えた中高年に多く見られます。

脊柱管が老化などが原因で狭くなり、神経根や馬尾と呼ばれる部分が圧迫され、下半身に痛みやしびれ、麻痺や間欠跛行(かんけつ はこう)と呼ばれる痛みによる歩行障害を伴うこともあります。

※神経根:脊髄が分かれて身体の各部分に行く神経の根っこの部分
※馬尾:脊髄の末端の枝分かれした神経の束。馬のしっぽに似ていることから馬尾といわれます。


予防改善するには

正しい姿勢を意識し、保つようにしましょう。

畳や床に座るときは、正座を崩す横座りや、足を両側に崩す座り方、
両膝を立てて座る体育座りも避けましょう。

イスに腰掛けるときは、足を組まずに、
体重が左右のお尻に均などにかかるように座りましょう。

【上田式】腰痛革命プログラム
~慢性腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・分離症・すべり症・変形症状など幅広く対応~



電気自動車情報