腰痛と姿勢

腰痛は姿勢の異常に原因があると考えられています。

日常生活で正しい姿勢をとって行動することで、腰への負担を減らすことが可能になります。

腰に一番負担のかかる姿勢は、中腰の姿勢です。
立っているだけの状態でも自分の体重以上の負担が腰にかかり、
前かがみなどの中腰の姿勢だと自分の体重の2倍以上の負担がかかります。

特に女性の場合、キッチンで料理をしたり、掃除をするなど
前かがみになりやすい作業をする機会が多いので、気をつけると良いでしょう。

立った状態で猫背などで姿勢が悪いと背中が丸くなり、重心が後ろにずれてしまいます。
体のバランスが悪くなると、腰椎は安定させようと前へ出てきて、
腰の筋肉に負担をかけることになります。

悪い姿勢を続けることで筋肉が疲労し、慢性的な腰痛へと繋がってしまうのです。

意外と知られていないのが、
立った状態よりも座った状態の方が腰への負担が大きいことでしょう。


特に腹筋などの筋肉の弱い人が長時間座ったままの姿勢でいると、
腰への負担がかなり大きなものになります。

背筋を伸ばして正しい姿勢で座っていればそれほどでもありませんが、
背もたれに寄りかかるなどの悪い姿勢で座っていると、椎間板への圧力が高くなり、
腰への負担が大きくなるでしょう。

デスクワークなどで座った状態が続く場合は良い姿勢を意識し、
時々はストレッチをする必要があります。

日常的に姿勢が悪いと、腰痛の原因だけでなく、
骨・筋肉・内臓など、様々な部位に負担をかけ、悪影響を及ぼします。



腰痛と肩こり

腰痛持ちの方は肩こりに悩まされていることが多いですし、
肩こりに悩まされている方は腰痛持ちのことが多いです。

また、同時に腰痛と肩こりが発症するケースもあります。

肩こりは背骨の歪みが原因で起こりますが、その背骨と腰の骨は繋がっています。
腰痛になると肩こりもするようになったり、
肩こりが気になるようになったら腰痛も気になるようになります。

そのため、どちらか片方でも症状が出ている方は、
腰痛や肩こりを引き起こす危険性があるので注意しないといけません。

逆にいうとどちらかの症状を治せば、もう一方の症状の改善も期待できます。

まず、注意したいのが姿勢です。

姿勢が悪かったり、長時間同じ姿勢をしていると肩や腰の筋肉が凝り固まって、
血行が悪くなります。
その結果、疲労物質が蓄積され、肩こりや腰痛を引き起こします。

猫背の方は背筋を伸ばした生活を意識して、
長時間同じ姿勢を続けている方は適度にストレッチなどをして
筋肉の緊張をほぐしてあげましょう。

あなたは腰痛を我慢していませんか?
実はどなたでも自宅で簡単にトレーニングする事で、腰の痛みを改善できる方法があります。

⇒ 【上田式】腰痛革命プログラム
~慢性腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・分離症・すべり症・変形症状など幅広く対応~



電気自動車情報