長期間、腰や首へ負担をかけると、脊椎管狭窄症になる

脊椎管狭窄症原因は、主に以下のようなものです。

・腰や首への負担
・同じ姿勢
・ひねりの動作
・運動不足

長期間、腰や首へ負担をかけると、脊椎管狭窄症になることが多いです。

腰や首に負担をかけるスポーツを長期間続けている人は、要注意だと思ってください。
それに、同じ姿勢をとっていると、脊椎管狭窄症になりやすいです。

長時間同じ体勢で座っているのはよくないので、デスクワークの人は気をつけてください。
また、腰や首をひねる動作を頻繁に行っている場合にも、脊椎管狭窄症になりやすいです。

それから、運動不足によって筋肉の機能が低下することで、脊椎管狭窄症になることもあります。

このように脊椎管狭窄症の原因は、日頃の生活と深く関係しているため、
腰や首へ負担をかけないようにしてください。

しかし、だからといって体を動かさないのも運動不足が原因で脊椎管狭窄症を引き起こす可能性があるので、
毎日適度な運動をするのも大切なことです。

デスクワークの人は、たまに姿勢を変えたり、定期的にストレッチをするようにしましょう。



脊椎管狭窄症の主な症状は、

・上肢の痺れや痛み
・腕のだるさや重さ
・腰の重みと痛み
・足の痛みと痺れ
・間欠跛行

頭部に脊椎管狭窄症が出た場合は、上肢の痺れや痛み、
腕のだるさや重さといった症状を感じることが多いでしょう。

腕や指に力を入れることができず、自由に動かせないこともあります。

また、腰部に脊椎管狭窄症が出た場合には、腰の重みと痛み、
足の痛みと痺れ、間欠跛行といった症状が現われることが多いです。

間欠跛行とは、足の痛みによって長時間の歩行が困難なため、
歩いては休みを繰り返す状態のことをいいます。

こういった症状の他にも、排尿障害や排便障害といった症状が現れることも少なくありません。

脊椎管狭窄症の症状が悪化すると、日常生活を送るのも困難になります。
そのまま放置しておくのは非常に危険です。

あなたは腰痛を我慢していませんか?
実はどなたでも自宅で簡単にトレーニングする事で、腰の痛みを改善できる方法があります。

⇒ 【上田式】腰痛革命プログラム
~慢性腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・分離症・すべり症・変形症状など幅広く対応~



電気自動車情報