痛風が女性に少ないのはなぜ?

痛風になる患者の実に99%が男性だと言われているほど、
痛風という病気は男性特有の病であると世間では認知されてきました。

これは女性ホルモンエストロゲンなどが、体内の尿酸値の上昇を防ぎ、
体外へ排出するため、女性は痛風になりにくいためだと言われています。

しかし、99%は男性患者でも、
残り1%は女性の痛風患者が存在しているということになります。

特に近年では、女性の痛風患者数が増加していると言われており、
痛風も男性だけの病気では無くなりつつあるようです。

女性患者の増加の原因は、食生活の欧米化、女性の社会進出によるストレス過多、
飲酒量の増加、運動不足などではないかと考えられています。

女性が仕事を持ち、社会に進出するということは、
生活スタイル自体が男性化しているという現れです。

生活スタイルの変化が女性の痛風患者を増やしている要因であることは間違いないでしょう。

女性が痛風にならないためには、男性と同様に、
日頃の食生活や生活スタイルの見直しが必要だと思います。

体質改善の専門家の先生も推薦の
「ビールを飲みながら痛風の症状を自宅で改善するための方法!」



電気自動車情報