痛風の症状

痛風になると、どのような症状が起きるのでしょうか?

痛風の症状は、大きく分けて3つあります。

・関節の痛み
・腎臓機能の低下
・合併症


痛風になると、関節を中心に激しい痛みを伴います。
特に、足の親指の付け根、足関節、足の甲に痛みを伴うことが多いです。

初期症状であれば、そのまま放置しておいても、
3日程度で痛みが消えていきます。

痛風になると、腎臓機能が低下してしまい、腎不全になる恐れもあります。
腎不全は日常生活を脅かす恐ろしい病気なので、注意しないといけません。

痛風が進行すると、以下のようなことが起きます。

・発作の繰り返し
・炎症部分の腫れ
・痛風結節
・高尿酸血症
・合併症


治療を行わない限り、発作を繰り返し、その都度、激しい痛みを感じないといけませんし、
炎症部分が真っ赤に腫れてしまい、大変なことになります。

また、痛風をそのまま放置すると、痛風結節という大きなコブが
足や手の指の関節にできてしまうことがあります。

それに、高尿酸血症が改善されないので、
腎臓の機能が低下する可能性が高いです。

腎機能が低下してしまうと、体のあちこちに異変が出てしまいますから、
注意しないといけません。

そして、尿酸値が高い状態が続くことによって、
高血圧、動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞、尿路結石、糖尿病、腎障害
といった合併症を引き起こす可能性があります。

いずれも生活に支障を与えたり、
命に関わる病気ばかりなので十分に気をつけてください。

痛風発作の激しい痛みがない状態を「治った」と捉える人たちもいるようですが、
痛みがないだけで痛風は治ってはいません。

食事と軽い運動で、
しっかりと尿酸値を抑えるようにすることが大切です。

一時的に抑えるのではなく、継続するのはとても難しいことなのですが、
そうしなければ、いずれまた痛風発作が起きてしまうでしょう。

痛風の治療では、尿酸降下薬を服用するようになりますが、
症状が良くなったからといって勝手に止めてしまえば、また元に戻ってしまいます。

痛風になってしまったから、この生活がずっと続くのかとネガティブに考えてはいけません。

毎日健康的な生活を送り、楽しく過ごせるのだというように、
気持ちの変換をするようにしましょう。

体質改善の専門家の先生も推薦の
「ビールを飲みながら痛風の症状を自宅で改善するための方法!」



電気自動車情報