水虫の原因

水虫の原因は、白癬菌(はくせんきん)というカビの一種が
皮膚の最も外側である角質層に寄生して、
たんぱく質のケラチンをエサに繁殖してしまうことです。

水虫菌とも呼ばれる白癬菌は、あまり感染力が強くないため、
皮膚についても24時間以内に洗い流せば特に問題はありません。

つまり、毎日きちんと足を洗って、しっかりと拭いて乾燥させていれば、
水虫になることはないのです。

水虫菌は高温多湿の場所で繁殖するので、
スポーツクラブやスーパー銭湯などの足拭きマットのように、
不特定多数の人が使用する湿りやすいところには
水虫菌がいると思った方がいいでしょう。

また、特に夏の靴の中は蒸れて水虫菌の好む環境になりやすいので、
注意が必要です。

もし、家族が水虫になってしまったら、バスマットを共有しないようにして、
家の中では五本指ソックスを履いてもらうようにするのがオススメです。

それに、足から剥がれ落ちた角質にも水虫菌が生息しているので、
こまめに掃除機をかけてシーツなども取り替えてください。


電気自動車情報