爪の水虫は白癬菌が原因

爪の病気のなかで一番多いのは「爪白癬(つめはくせん)」、
いわゆる爪の水虫で、日本人では10人に一人がかかっていると言われています。

爪白癬は爪のなかに白癬菌という水虫の原因菌(カビ)がすみついて起こる感染症です。
患者さんの男女比は男性が約6割、女性が約4割といわれています。

graph

白癬菌とは、いわゆる水虫の原因菌。

白癬菌が足にいれば足白癬(水虫)で、爪の中に侵入すると爪白癬。
この爪白癬は立派な感染症の一種で、爪の病気の中で多く見られます。

足につくと水虫、爪に侵入すれば爪白癬(爪の水虫)。
からだにつくと体部白癬(タムシ、ゼニタムシ)、
頭につくと頭部白癬(シラクモ)、股につくと股部白癬(インキンタムシ)となります。

住み着く場所で病気の名前が変わります。

2015-06-02_214053

痛みやかゆみがなくても、爪が白く濁ったり、分厚くなったりしていたら
爪の中に白癬菌が潜んで活発に繁殖しているかもしれません。

水虫アッサリ追放宣言!こんなに簡単! だったのか・・・
水虫がたった1回で! ついでに美足になっちゃった。


1


電気自動車情報