ミネラルバランスの崩れで足がつる

人間の筋肉の収縮する時の化学反応にはナトリウムやカルシウム、
カリウムやマグネシウムなどのミネラル成分が必要です。

しかし、汗をかくとこれらのミネラル分が不足したり、
ミネラルを運ぶための水分が不足して、筋肉が正常な代謝を保てなくなります。

それが、神経が異常な興奮状態につながり、筋肉が痙攣を起こす原因になるのです。

特にスポーツ中に足がつるという症状は、
筋肉の疲労に水分やミネラル分の不足が重なって起こる事が多いと言われています。

これらの事を考えると、運動中に足がつる事を防止するには、
ミネラル分を含む飲み物・食べ物やサプリメントなどを十分に摂ることが重要です。

さらに栄養が体の中で十分に循環するように水分もしっかり補給する必要があるでしょう。

筋肉の痙攣に関係する他の栄養素

ミネラル分やの他にも足がつる現象と関連があるとされている栄養素がいくつかあります。

頻繁に足がつるという人は、それぞれの栄養素が足りているかどうかチェックしてみて下さい。

ビタミンB1

ビタミンB1が不足すると筋肉が疲労しやすくなり、さらに神経の働きも低下します。

筋肉疲労も神経の異常も筋肉の痙攣を起こす可能性がありますから、
ビタミンB1の不足には注意しましょう。

ビタミンB1は牛乳や卵、豚肉、豆類などに含まれています。

➤ビタミンB1を含む食品
 ビタミンB1を多く含む食品は、豚肉、小麦胚芽や玄米などの穀類、
 落花生や大豆などの豆類・種実類、うなぎなどです。

 中でも豚肉ついでうなぎは一度に食べる量も多くビタミンB1自体の含有量も豊富なので、
 補うにはもってこいの食品です。

タウリン

アミノ酸の1種に分類されるタウリンという物質は、
人間の体内で合成されて運動とともに消費される事がわかっています。

このタウリンの不足も筋肉を疲れやすくさせて、
運動能力の低下や足がつるという現象を起こすと言われています。

タウリンを豊富に含む食品としては貝類や魚、イカやタコなどの海産物が代表的です。

筋肉が痙攣した時の対処法

栄養を十分に摂っていても、足がつったり、体の筋肉が突然痙攣してしまう事はあります。

そんな時は痙攣した部分の筋肉を軽くさすったり、ゆっくりとストレッチさせて
緊張をほぐす事で痛みを和らげるようにしましょう。

そして痙攣を起こしてからしばらくの間は、
その筋肉に負荷がかかる運動は避けるようにした方が安全です。

ただし、運動メニューや栄養状態を改善しても頻繁に筋肉の痙攣が起こるような場合は、
内臓の機能に問題がある可能性もあります。

頻繁に足がつったりする場合は、専門家の診察を受けるようにしてください。

⇒ 【こむら返り】スッキリ解消プログラム

   【こむら返り】スッキリ解消プログラム


電気自動車情報