足がつる

夜寝ている時に足がつる”こむら返り”は、
成人の3割の人で月に1回以上は起こっているそうです。

「足がつる」という症状は、突然足の筋肉が強い痛みとともに収縮・痙攣するもので、
別名「こむら返り」とか医学用語では「筋クランプ」などとも呼ばれています。

ちなみに”こむら”とはふくらはぎにある腓腹筋(ひふくきん)という筋肉の事。

実際には首や足の裏、太もも、腹筋など色々な筋肉で
同じように筋肉の痙攣が起こることがあります。

2015-07-04_195022

「足がつる」というのは腓腹筋が痙攣してしまう症状です。

準備運動無しに急に筋肉に力を入れたり、
眠っている時の姿勢などが原因で足がつることもあります。

足の悪条件+ふくらはぎの筋肉の収縮で、足はつりやすくなります。

ふくらはぎ部分の筋紡錘と腱紡錘という組織の働きのアンバランスで、
ふくらはぎの筋肉が勝手に収縮してしまうということのようです。

■危険なこむら返り

危険なこむら返りとは『閉塞性動脈硬化症』という病気によって起こる「こむら返り」です。

『閉塞性動脈硬化症』は現在700万人の患者がいるとされていて、
脳卒中や心筋梗塞にも繋がる怖い病気で、命に関わる場合があります。

『閉塞性動脈硬化症』は、下腹部の奥あたりで両脚に別れる太い動脈が硬化して詰り、
下肢に血液が流れにくくなる病気で、最悪は切断になることもあります。

脳で起これば脳卒中、心臓なら心筋梗塞になります。

『閉塞性動脈硬化症』の症状は、片方の足がつる(痛む)、
歩くと足が痛くなったりつったりするが、
休むとまた歩けるようになる、というものが多いようです。

『閉塞性動脈硬化症』かどうかを見分ける簡単な方法として、
仰向けに寝て両脚を45度くらいに上げ、そのまま足首を
曲げたり伸ばしたりを何度か繰り返します。

そうして、どちらかの足が蒼白になれば、
そちら側の動脈硬化が疑われるということになります。

治療法は、手術で詰った血管のバイパスを作るのが通常らしいですが、
最近は手術なしで簡単に治す画期的な方法が行われているそうです。

「1分あるいて3分休む散歩」、これを1日に10回、週に3回行うと、
早い人では3週間で詰った動脈の近くに新たな血管ができます。
8~9割の人に新しい血管ができます。

但し、重症例では手術になります。

短期間に頻回に(たびたび)こむら返りが起こる場合は、
病院で診察を受けてください。

⇒ 【こむら返り】スッキリ解消プログラム

   【こむら返り】スッキリ解消プログラム


電気自動車情報