慢性疲労の症状

慢性疲労の症状慢性疲労の症状は以下の通りです。

・体がだるいなどの疲労感
・頭痛
・筋肉痛
・微熱
・のどの腫れ
・不眠
・集中力の低下
・免疫力の低下
・感情の起伏が激しくなる
・うつ
・不安

慢性疲労になると強い疲労感に襲われます。

いつも体がだるく、すぐに疲れてしまいます。

また頭痛や筋肉痛が起こったり、微熱が続いたり、
のどが腫れるというのも慢性疲労の症状です。

さらに夜眠れなくなる場合もあります。

そして、集中力の低下を引き起こし、仕事で本来はするはずのないミスをしたり、
運転中の注意力が下がって事故を起こすこともあるでしょう。

免疫力も低下してしまうので、病気にかかる可能性も高くなります。

それに、体への影響だけではなく、心にも影響を与え、感情の起伏が激しくなったり、
うつ状態や不安な気持ちでいっぱいになるというのも慢性疲労の特徴です。

このように慢性疲労になると体と心の両方に影響を与えてしまうので、
日常生活に支障をきたす可能性が高いでしょう。

☆慢性疲労の対応策を探している人必見?
栄養ドリンクでしのぐしかない・・・というのは誤解です。
興味のある方はこちら ⇒ 疲労回復プログラム


電気自動車情報