気になる首の障害

首の痛みのほかに、手足にしびれなどがある場合には、
ちょっと注意が必要です。

頚椎に、次のような障害が起こっている可能性があります。

1.頚椎症

加齢などによって椎間板の柔軟性が低下すると、
骨と骨の間のクッションが弱くなり、
頚椎そのものに強い力がかかって変形を起こしやすくなります。

その結果、頚椎から腕へのびる神経が圧迫され、
手や指のしびれ、感覚異常(感覚がない)、
手が動きにくい、といった症状がみられます(神経根症状)。

また、脊髄が圧迫されると、脊髄は全身につながる神経の中心なので、
あちこちにさまざまな症状が起こります(脊髄症状)。

典型的な症状として、手のしびれや麻痺(ボタンがかけにくい、
字がきちんと書けない、はしが持ちにくいなど)、
脚のしびれや麻痺(つまずきやすい、脚が動かしにくいなど)、
排せつ障害(尿が出にくい、トイレが近い、便秘など)があります。

2.頚椎椎間板ヘルニア

椎間板にはゼリー状の物質が詰まっていて、クッションの役割をしています。

加齢などよって頚椎の椎間板自体が変形した場合にも、
神経や脊髄を圧迫すると、頚椎症と同様の症状を起こします。

(1)の頚椎症は50歳以上の中高年に多くみられますが、
(2)の椎間板ヘルニアは30~40歳代の比較的若い世代にも少なくありません。

(1)と(2)は、首のこりや筋肉痛をのぞくと、
首の障害で最も多くみられる症状です。

どちらも放置していると悪化しやすく、
痛みなども激しくなるので、早めに受診しましょう。

3.脊柱靱帯骨化症

脊柱(背骨)の骨どうしをつなぐ靱帯が厚くなり、骨化していく病気です。

原因はまだ不明ですが、骨化によって脊髄が圧迫されると、首の痛み、
手足のしびれや麻痺など、頚椎症と同様の症状がみられます。

受診して、どの部分の靱帯に障害が起きているかを検査し、
適切な治療を受ける必要があります。

脊柱靱帯骨化症は、血糖値が高い人に多くみられることから、
糖尿病ともなんらかの関係があると推測されています。

4.その他

肺炎などを起こしたあと、細菌が頚椎に感染すると、
首の痛みや発熱などの症状を起こすことがあります。

この場合は、抗菌薬などで治療する必要があります。

また、頚椎にできた腫瘍によって、神経や脊髄が圧迫された場合も、
首の痛みなどの症状が起こります。

首を動かさなくて痛みが続く場合には、早めに検査を受け、
良性や悪性かを調べて適切な治療を受けることが大切です。


☆頚椎症・頚椎ヘルニアに苦しむ方に朗報!☆
痛みに一喜一憂しない生活を取り戻し、エネルギッシュな人生を送りませんか?

興味のある方はこちら
↓  ↓  ↓  
首のコリの解消法

電気自動車情報