首には大きな負担がかかっています

首の痛みはおよそ7割の人が一生に一度は経験するといわれるほど、
よくみられる症状です。

首の骨(頚椎=けいつい)は、重さが6~8キロもある頭を支え、
上下左右に動かしたり、回転させたりと、
複雑な動きをコントロールしています。

それだけに首には日ごろから大きな負担がかかりますが、
加齢によって首の筋肉が弱ったり、運動不足で首をあまり動かさないでいると、
首の筋を違えたり、こりから筋肉痛を起こしたりします。

首の痛みの多くはこうしたタイプで、日常の習慣を見直したり、
首の筋肉を鍛えることで改善されます。

しかし、加齢によって頚椎そのものも老化します。

頚椎がすり減ったり、クッションとなっている
椎間板(ついかんばん)の変形が生じると、
慢性的な痛みやしびれを起こすようになります。

images.jpg

頚椎の中央には、神経幹である脊髄(せきずい)がとおり、
脊髄から枝分かれした神経が肩や腕へとつながっています。

頚椎は、背骨の最上部にある7つの椎骨をいいます。
椎骨と椎骨の間には、クッションとなる椎間板があります。

また、頚椎を縦に貫く形で脊柱管(せきちゅうかん)という空洞があり、
その中を脊髄がとおっています。

頚椎や椎間板が変形して脊髄を圧迫すると、さまざまな症状が起こります。

頚椎が変形すると、首の痛みだけでなく、
肩の痛みや手のしびれ、あるいは脚のしびれによる歩行障害、
さらには排尿障害まで起こすこともあります。

こうした症状が起こるようになると、本人もつらく、
また、治療にも長い時間がかかり、
ケースによっては手術が必要となります。

できれば初期段階(首のこりや筋肉痛などの段階)で、早めに対処しましょう。

☆慢性的な首のコリや痛みで困っていませんか?☆
その場しのぎの対策ではなく、根本的に解決する方法を大公開!!

興味のある方はこちら
↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
首・肩の慢性的な痛みを改善

電気自動車情報