慢性的な首の痛みは多様な病気を併発

慢性的な首の痛みにより、自律神経の乱れなどが原因で
多くの疾病を誘発する危険があります。

■発症リスクの増加

首のトラブルを放置したり、根本的な改善を図らないと身体に様々な悪影響を及ぼし、
不定愁訴と呼ばれる体の不調が発生することが分かっています。

メカニズムはとして頚部は、上肢の神経が出入りしている場所であるとともに、
多くの自律神経の神経節が集まる場所でもありますので、

過度に緊張した頚部筋の影響で強いストレスがかかり、
交感神経を刺激して自律神経症状を引き起こすと考えられています。

■発症の危険が高まる病名一例

  肩コリ
  頭痛
  めまい
  手のしびれ
  吐き気
  耳鳴り
  目の疲れ
  腰痛
  倦怠感
  疲労感
  気分の落ち込み
  イライラ
  不眠
  手足の冷え
  微熱
  下痢や便秘
  ドライアイ
  多汗症
  自律神経失調症
  うつ状態など

慢性化した首の痛みで本当に恐ろしいのは、
辛い症状に加えて、多種多様な病気を併発することです。


☆頚椎症・頚椎ヘルニアの対応策を探している人必見?
「整体やマッサージでしのぐしかない・・・」というのは誤解です。

興味のある方はこちら
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
頚椎症・頚椎ヘルニア・ストレートネックを自宅で改善




電気自動車情報