耳の病気で起こるめまい

■耳の病気で起こるめまい 良性突発性頭位変換性めまい

良性突発性頭位変換性めまいは、頭を動かした時に、短時間回転性めまいが起こるものです。

メニエール病より多いです。

寝がえりをうったり、頭の位置を変えた時に限って、
数秒から数十秒の回転性めまいが起こるもので、難聴も耳鳴りも吐き気も伴いません。

良性突発性頭位変換性めまいの特徴は、めまいは長くても30秒以内に収まること、
頭を動かさなければ絶対に起き無いことです。

ziseki.gif

このめまいは非常に多い病気で、耳の奥にある耳石器という部分の異常で、
体位変換によって頭が特定の位置になった時に限って起こります。

このタイプのめまいは、めまいの起こる体位を繰り返すと、
次第にめまいが軽くなって、ついには起こらなくなってきます。

このことを治療に応用して、運動を繰り返して
めまいを起こらなくする運動療法が行われています。

良性突発性頭位変換性めまいの原因は、三半規管の中に浮遊する
耳石のかけらのようなものの刺激によるものと言われています。

その治療法として、座ったり、横になったり、顔を傾けたりして
三半規管に浮遊している耳石をもとの卵形嚢に戻す方法(エプリー法)や、
耳石を三半規管内に拡散させる方法(ブランド・ダロフ法)などが行われています。

■耳の病気で起こるめまい メニエール病

内耳(ないじ)を満たしている液体である「内リンパ」が増え過ぎると
内耳がむくみ、めまいが起こります。

「内リンパ」が増え過ぎた状態を内リンパ水腫(ないりんぱすいしゅ)と呼び、
めまいのほか、難聴(とくに低音の聞こえが悪い)や耳鳴り、
耳がつまった感じなどの症状があらわれることがあります。

内リンパ水腫が原因の病気に「メニエール病」があります。

illust07

メニエール秒はかなり有名な病気となってしまいましたが、
実際にはそんなに多い病気ではありません。

発作時のめまいは回転性で激しく、吐き気や嘔吐を伴い、
同時に難聴や耳鳴りが起こる場合もあります。

めまいは、数時間から1日、またはそれ以上持続した後、治まります。

難聴はめまいが起こると悪化し、めまいが治まると、正常に戻るか軽快します。

ただし、メニエール病が進行すると次第に悪化し、徐々に聴力の改善がみられなくなり、
重度の難聴になることもありますので注意が必要です。

また、これらの症状は繰り返し起こり、その頻度は週1回から年数回とさまざまです。

■枕などの寝姿勢改善と簡単な体操で解消する方法

めまいは、メニエール、脳の平衡感覚の障害など様々な原因によって引き起こされます。

中でも圧倒的に多いのが、耳の三半規管の中にある”耳石”の遊離です。

その原因の一つが寝姿勢。

低すぎる枕や枕をしないことで、
寝ている間に耳石が剥がれ落ちることがわかってきました。

又、従来耳石は硬い塊のようなイメージでしたが、
実は細かい粒の塊で、自力体操で簡単に分解解消出来ることがわかりました。

枕などの寝姿勢改善と簡単な体操で解消できるのです。

⇒ めまいの原因と解消法

■耳の病気で起こるめまい 前庭神経炎

前庭神経炎は風邪をひいた後に発症することが多いため、
ウイルス感染や血液の循環障害が原因で炎症が起こるのではないかと考えられています。

突然、激しい回転性めまいが起こり、悪心、嘔吐を伴い、通常2~3日続きます。
難聴や耳鳴りはありません。

その後、少しずつめまいは改善していきますが、発症から1週間程は歩行が困難です。

3週間程でめまいはほぼ治まりますが、動くときはふらつきが生じやすく、
6カ月経過後も半数近くの人でふらつきがみられます

からだのバランスを保つ情報を脳へ伝える前庭(ぜんてい)神経に炎症が起こると、
正常に情報が伝わらず、めまいが起こります。

これは「前庭神経炎(ぜんていしんけいえん)」という病気です。

zentei

■耳の病気で起こるめまい 外リンパ瘻(ろう)

急激な圧の変動(飛行機に乗ったときや水中に潜ったとき、鼻を強くかんだ後など)によって回転性めまいや難聴、耳鳴り(水の流れるような音)、耳がつまった感じなどが起こります。

これらの症状があらわれる直前に、パチッというはじける音が聞こえる場合もあります。

髄液(脳を保護している液体)が、内リンパ腔に漏れるとめまいが起こります。

めまいのほか、難聴や耳鳴り(水の流れるような音)、
耳がつまった感じなどの症状があらわれることがあります。


電気自動車情報