脳の病気で起こるめまい

脳貧血

脳貧血は、急にフーとなるとか、体がふわっとする、立ちくらみ、
一瞬気が遠くなるという症状があります。

脳への血流が一瞬途切れることによる症状です。

急に血圧が下がった時や、心臓や血管系に問題があるときに起こります。

nou

頭に行く4本の血管のうちの椎骨動脈は、頭のなかに入って脳底動脈という動脈になります。

その先は後大脳動脈につながっています。

脳貧血症状の原因は、若い人と年配の人とでは異なっています。

年配の人は、頭に行く血管に動脈硬化で狭いところができて、
そのせいで血流が悪くなって起こる事があります。

あるいは、心臓に不整脈で心臓が止まってしまい、脳へ血液が行かなくなったりします。

一方、若い人では、ひどい動脈硬化が起こっているとは普通考えられません。

起立性低血圧や、自律神経の緊張が急に弱くなって、末梢の血管が開くため血液が下半身に溜まって、脳への血流が減る事によって起こる場合などが考えられます。

脳梗塞

noukousoku

「脳梗塞」や「脳出血」が起こると、小脳や脳幹(のうかん)に十分な血液が運ばれず、
働きが異常となり、めまいが起こります。

小脳や脳幹に障害が発生すると、回転性めまいが起こりやすくなります。

意識障害、ろれつが回らない、運動障害などを伴います。
頭痛や首の痛みを伴うこともあります。 

慢性脳循環不全

zyunkanzuzen

回転性めまいが多く、浮動性めまい、目の前が暗くなるめまいがそれに続きます。

視界がボヤーッとする、気が遠くなる、嘔吐、上肢のしびれ感を伴うことが多くあります。

難聴や耳鳴りを伴うことはほとんどありません。

また、首を回したり伸ばしたり、からだを動かしたりすると、めまいが起こることがあります。


電気自動車情報