疲労が引き起こす病気

慢性的な疲労で辛いのは、一日中体が重かったり、
何もやる気がせず気持ちが、落ち込んだりするだけではありません。

それよりも、慢性的な疲労により免疫力の低下や、自律神経やホルモンバランスの
変調が原因で多くの疾病を誘発する、危険性を理解しなければいけません。

■発症リスクの増加

疲労を放置したり、根本的な改善を図らないと心身に様々な悪影響を及ぼし、
病気の発症リスクが大幅に上がることが分かっています。

そのメカニズムは、疲労による自律神経の機能低下やホルモン異常、
代謝異常、免疫力の低下など様々な要因が重なり発病すると言われています。

《発症の危険が高まる病名一例》
ヘルペス症状
口内炎・ヘルペス・歯槽膿漏・胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍・
便秘・高血圧・糖尿病・高脂血症・脳卒中・がん・じんましん・各種アレルギー症状
不眠・自律神経失調症・抑うつ症状ほか多数

☆慢性疲労の対応策を探している人必見?
栄養ドリンクでしのぐしかない・・・というのは誤解です。
興味のある方はこちら ⇒ 疲労回復プログラム


電気自動車情報