年齢を重ねると下がる目元。まぶた年齢のチェック!

年齢とともに皮膚がたるんできているために、
まぶたたが下がっているように見えます。

医学的には眼瞼下垂と言います。

手術で解決するそうですが、手術までするのは抵抗のある人が多いです。

歳のせい、と思って諦める前に、たるみの予防・解消法を試してみましょう。

日本人の場合は、シワよりもたるみで悩む方の方が、多いそうです。

そう言えば、年配者でも目元に限らず、シワの多い女性はそう見ませんが、
頬がたるんで、顎のラインが下がっている方のほうが多いようです。

さらに進むと、ブルドック顔なんてことに・・・

シワができにくいのは脂性肌の人です。

乾燥肌の人は要注意。たるみやすいのは、皮下組織が厚い人で、
コラーゲンやエラスチンと言った成分が不足している人です。

まぶた年齢のチェック

自分のたれたまぶたが、年相応なのか、
生活習慣が引き起こしているのかをチェックします。

上まぶたの中央の皮膚を、親指と人差し指で5秒間、薄くつまむ。
指を離した後、皮膚が戻るまでの時間を測定。

  A:離した瞬間に皮膚が戻る
  B:1~2秒皮膚のたるみが残って戻る   
  C:3~4秒皮膚のたるみが残って戻る
  D:5~6秒皮膚のたるみが残って戻る
  E:7~8秒皮膚のたるみが残って戻る


さて、いかがでしたでしょう。以下が、まぶた年齢です。

  A:20代ハリ              
  B:30代ハリ
  C:40代ハリ
  D:50代ハリ
  E:60代ハリ


まぶたのたるみに良いクリームが、次々に登場しています。
ビーグレンの肌トラブル解決化粧品をチェックしてみるといいかも・・・


電気自動車情報