血糖値が高いとどうなるの?

血糖値が高いので一番危険なのが、糖尿病の引き金になることです。慢性的に血糖値が高いと、糖尿病を発症する危険性がとても高くなります。

糖尿病になってしまうと、心臓、脳、脚、眼、腎臓など、身体の様々な箇所に障害が起こってきます。

例えば、目が見えなくなる等の「網膜症」、尿が出なくなり、身体がむくむ等の「腎症」、手足が痺れる等の「神経障害」

これらの症状は、糖尿病の3大合併症と呼ばれていて、糖尿病が原因となる動脈硬化によって発症します。

また、糖尿病患者は、心筋梗塞や心臓発作、脳梗塞や脳卒中を起こす割合が多いとも言われています。

高血糖が糖尿病への引き金になる事以外の身体への影響については、

・血管に水分が溜まり易くなる為に高血圧になる
・高血糖値の状態が続く事で空腹と満腹のシグナルがうまく働かず、
 食べてばかりで肥満に繋がる
・代謝に異常がある為に、善玉コレステロールが低くなったり、
 中性脂肪が高くなったりする

等が挙げられます。

血糖値が高いぐらいではそんなに注意する事はないか等と軽く考えず、少しでも改善するような努力をした方が良いでしょう。


電気自動車情報